FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
unborn child's dream


8月18日に発売されたばかりのアルバム。
シングル連動企画の最終ピースが揃いました。
裏ジャケットがパズルになっていて、この1ピースで完成です。
そして、ドグラ・マグラの最終回です。
ドグラ・マグラの最終回では、泣きました。
欲を言えば、千聖が、もうちょっと自然に演技してくれたら・・・
惜しい!って感じです。
しかないですね、ミュージッシャンですから。
意外だったのは、HAKUEIの迫真の演技です。
以前HAKUEIが主役で出ていた映画「30」では、感情を抑えた感じの、現代社会に病んだ役だったので、それほど、演技するという必要性はなかった気がしました。
だけど、ドグラ・マグラの最後は、他人の人生をもてあそんだおえらいさんへ、おまえは、間違ってるんだぞ!あやまれ!と迫ります。
映画「30」では、坂上忍が監督で、脇役も演技派が揃っていました。
少なからず、影響を受けてたんだと思います。
坂上忍が、自分の手がけた映画で、いくら素人とはいえ、妥協を許すとは思えませんもんね。

そして、肝心のアルバムの曲ですが、新たに、ドラマのエンディングで流れた「unborn child's dream」の曲と、アルバムヴァージョンの「I believe」と「Mr Freez」が追加されました。
「unborn child's dream」は、ドラマの最後に流れてたこともあり、おどろおどろしい雰囲気からはじまり、転調して、千聖がつくる独特のさわやか系のテイストになり、ドラマティックに終わります。
nanoのラストライブで、はじめて生で聴きましたが、もっと聴きたかったです。。。
「I believe」は、ライブヴァージョンでした。
このライブ仕様の方が、私にとってはおなじみな感じですが、私的には、シングルの中国テイストの方が好みです。
「Mr Freez」は、どちらがライブ仕様なんでしょうか(笑)
この曲になると、暴れ曲なんで、ほとんど記憶にないです。
ライブでまともに聴く余裕がないです。
暴れたもん勝ちな感じですから。。。
次のペニシリンのライブで、この「Mr Freez」のオリジナルヴァージョンを聴くのが楽しみです!
そのほかにも、PENICILLINオリジナルを生で聴きたくなります。
オリジナルとアレンジは、どっちもかっこいいんですよね。。。

そして、8月18日のライブでは、machineの曲(機械児)で、nanoヴァージョンも聴けました!
同じデジロックでも、machineは、おなかにずしーんって来る感じ、nanoは、もうちょっと軽めの楽しく遊ぼうぜ!的な感じだなーって思いました。
バンドの良さっていうのを、再確認した感じです。
人も違えば音楽もまるで違うっていうのかな。









スポンサーサイト
【2006/08/20 14:15 】
PENICILLIN | コメント(0) | トラックバック(0)
<<大好きアルバム | ホーム | ガラクタのマリア>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kiki1216.blog53.fc2.com/tb.php/5-e3739cdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。